死の淵からマツダを復活させた1本のビデオ

死の淵からマツダを復活させた1本のビデオ

 

 

新型デミオの主査は 「 もう八方美人で誰にでも好かれようと思ってクルマを作るのは止めます 」 と言った。

 

 

アテンザとCX-5のマイナーチェンジで取材した主査は 「 50%の人に好かれたら、50%の人に嫌われてもいいです 」 と言った。

 

 

二つの取材はほぼ半年間が空いていて、主査という肩書こそ同じだが、全く別の人物の発言だ。にも関わらず奇妙に同じニュアンスが漂い、言わんとすることは同じに思えた。 「 Zoom-Zoom 」 のようなスローガンなら共有されていてもおかしくないが、内容は同じでも表現方法はまるで違う。それらの発言からは、どうも何かの理念が共有されているように感じられた。

 

 

余談だが、この記事は先週の続編だ。もしマツダに何が起こっているのかがとても気になるようなら、面倒でも是非先週の記事から読んでほしい。できる限り読んでいない人にも分かるように書くが、それには自ずと限界があるからだ。

 

 

2人の主査から出た「同じ言葉」

 

 

さて、本題に戻ろう。例えば、先週の記事で書いたように、アテンザはマイナーチェンジで外観がほとんど変わっていない。普通なら販売サイドから突き上げられる。 「 もっと違いが分かるようにしてくれ 」。 筆者が販売担当でも当然そう言う。そして 「 そりゃ他の部署にも都合はあるよな 」 と大人の事情を飲み込んで、デザインを一目で分かるように変えるわけだ。組織と言うのはそういうものだ。多くの部署が、それぞれの都合を綱引きすることで着地点が決まる。

 

 

しかし 「 変えるために変えることはもうしない。それはメーカーの都合でしかないから 」 と主査ははっきり言った。もちろんそれは理屈として正しい。

 

 

何か不具合がある。あるいはより性能を上げるために変える。改良とはそういうことだし、本当にユーザーのために商品を作ろうと思えばそうなるはずだ。必然性もなくただ新型を分かりやすくアピールするために変える必要は確かにない。

 

 

そこまでは、モノを作る立場の人なら誰もが考えることだろうが、その正論を組織の中で実現するとなると話は別だ。あなたが何かの組織に属しているなら 「 こういうの無意味だよな 」 ということに日々直面するだろう。そういう無駄に気付くことは、そんなに難しいことではない。大人として真面目に仕事をしていればみんな気付く。だが、社内を改革して 「 無意味なことを止めさせる 」 ことが果たしてできるだろうか?

 

 

もしマツダの社員一人ひとりが 「 何をすべきか 」 という理念を共有できているのだとすればそれは大変なことだ。従業員10人の零細企業ではない。会社四季報によれば単独で2万人。連結なら4万人の社員がいるのだ。その規模の会社で社員ひとりひとりに理念の共有をさせることが果たして本当にできるのだろうか? 筆者はもうそれが気になって気になって、アテンザのことより、そこをどんどん突っ込んで尋ねた。今回はその話を書きたい。

 

 

Yahoo Japan ! Headline News

THE PAGE 平成27年2月8日(日) 14時30分配信 全文引用

 

 

 

 

【 私たち、ネットビジネスオーナーの理念 】

 

私たちネットビジネスオーナーは、価値観を共有することの大切さ、

 

そして、「 他人を信頼する 」 という言葉の前に、 まず先に、

 

自分を保証する ことができる人のみが、はじめてシェアし合える、

 

そんな 「 最強のビジネスパートナー 」 であることを確信しています!

 

 

2015/02/13 03:00

 

 

ネットビジネスオーナーが共有する言葉
逆算式理論
自分を保証する
持続性=普遍性
自分を保証する仕事
持続性=与え続ける
持続性=創造し続ける
仕事のあり方に気づく
自分を保証する考え方
自分を保証するビジネス
仕事のあり方に気づいた人
成れる最高のあなたに成る方法
良い結果に感謝し有難く受け取る
考え方を伝える気づきのビジネス
価値が創造できればお金は循環する
理に叶う夢を叶えるビジネスモデル

自分に期待し自分を保証するビジネス
自分に期待することがビジネスになる
自分に期待できてこそ真の成功者になれる
結果にフォーカスするのは諸刃の剣である
貢献できれば人そして社会から応援される
あなたは未来の結果を変えることができる!
逆算式理論にて個人情報の流出を未然に防ぐ
人が価値を創り人から人へとお金は循環する
無駄に他人と比較することに何の意味も成さない
社会に貢献できればお金は循環することを理解する
あなたは未来の結果を変えることのできる人ですか?
ビジネスの本質とは社会の繁栄に貢献することである
お金は人のために経済を循環させる便利な道具である
お金が目的になると人をお金儲けの道具にしてしまう
貢献できなければ人そして社会から応援されなくなる
売上に貢献できれば人そして社会から応援され続ける

強き者同志が切磋琢磨し共にお互いが真の成功者と成る
人との新たな繋がりとは感謝の量に比例して生まれてくる
健全な消費の意味を理解できるとあなたは稼ぎ続けることができる
貢献し続けた結果として受け取ることのできる権利の恩恵が権利収入である

 


デジタル・ネットワーク社会と著作権


著作権(ちょさくけん)・コピーライト(英語: copyright)


著作権法 第10条1項、第2条1項1号

「 思想 又は、感情を創作的に表現したものであつて、

文芸、学術、美術 又は、音楽の範囲に属するもの 」は

著作物として定義されています。



すべての文章・コピー・複製・リライト・転載・音声公開等を一切禁止します。

このページは「 ネットビジネスオーナーズクラブ 」のオリジナルコンテンツです。